ずっと、健康法や療術としての熱鍼法について書いてきましたが、熱鍼法の持つ可能性についても書いていきたいと思います。

 熱鍼法の刺激は基本的に全て皮膚表面に対して直接行ないます。
 その皮膚の部位と対応した内臓器官や症状に効果がある、ということに対して海外の先行研究を踏まえ独自の発見と分類を行なった平田内蔵吉の「平田氏十二反応帯」については、かなり大きなテーマですので後日あらためて触れますが、その熱鍼法の皮膚への刺激をクロスオーバーしていくと、音楽や映像といった芸術的な刺激に対してより細やかで鋭敏に開かれていく、という思わぬ体験が起こることがあります。

リンク:高木美佳先生のヒーリング・エッセイ『熱鍼法(後編)』


 私たちは現在の身体の状態で耳から入ってくる音を感じ、その入ってくる音量の範囲内でより細かく聴き分けたり、音の変化を味わっています。
 もっと強く感じたいという時には普通、「聴く」ということに集中したり、音自体のボリュームを大きくするという方法をとっていますが、もうひとつ、受け手である自分自身がより鋭敏に開かれる、ということによってもそれは可能です。
 熱鍼器によって耳を刺激すると、「耳の皮膚そのもの」に意識が灯ります。

 私たちが普段「意識できている」と感じている身体は、全体の中ではごく一部です。
 例えば腕の皮膚表面だけをとってみても、熱さ・寒さ、肌と服の間で生じるこすれや、筋肉の力感などのような実感できる感覚を中心に漠然と腕の感覚はあるかもしれませんが、腕の形が浮かび上がっているように立体的に意識できるでしょうか?

 熱鍼器で連続的に刺激を加えてラインを引いていくと自分の意識できている場所と場所の間に無数の刺激箇所、意識できていなかったポイントが存在しているのが実感できます。
 飛び石のように点在している意識のポイントの間が刺激され、そこが繋がっていくと、突如として立体的な皮膚の感覚が浮かび上がってきます。

 それが耳であれば、感覚はその場で立体の耳の形となって存在しているのが感じられることでしょう。
 その時、耳はこれまでは感じられなかったような立体感と共に音を感じ、細かな響きを受け取り、自分の内と外と皮膚自体を震わせる音を受け取るようになります。




※先日のヒーリング・ライブの一部が動画として公開されました!
 三代目春駒さんによる「フトゥヤラ」演奏にヒーリング・アーティスト高木美佳先生によるトルコの打楽器「クドゥム」が加わった特別セッション。
 
 






癒し・ヒーリング ブログランキングへ