かつて、西洋医学と東洋医学を統合した総合医学を志した人物がいました。

 彼の名は「平田内蔵吉(ひらたくらきち)」


 数々の発見や研究を行なった彼の功績は、現在でも日本の東洋医学の世界で「平田氏帯(平田式十二反応帯)」の発見者として目にすることが出来る。
 彼はあらゆる人々が簡便に健康を得、さらには強健を得るための療術として、鍼の痛覚刺激と灸の温熱刺激を併せ持つ画期的な療術法として「心療法(平田式熱鍼法)」を創始しました。


 私たちは彼の研究を問い直し、健康を、美容を、運動を増進するものとして実に画期的でユニークな存在であることを再発見し、これの施術・普及・研究を推進しています。


 前述したように、もともとは「心療法」という名称でしたが、現在の医療の分野の名称に「心療内科」というものがあり紛らわしいため、私たちはこれを区別するために「熱鍼法(ねっしんほう)」と呼んでいます。


 このBlogでは平田内蔵吉や熱鍼法を中心に、様々なヒーリング・アーツについて触れていきたいと思います。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 現在山口・広島での施術希望に応じております。
 そちらの要項はこのBlog内に記事がありますので、このリンク先を参照されて下さい。 

 また、山口・広島以外でも熱鍼法を研究している仲間たちの研究会で体験できる機会がありますので、まずはお問い合わせ下さい。(現在は名古屋で研究会の予定がありますが、こちらは日時や参加費、他の研究メニューの中の1つとして扱われていますので、担当者にご相談下さい)
<ヒーリング・アーツ研究会>内スケジュールへのリンク





癒し・ヒーリング ブログランキングへ