このBlogをご覧の方、新年あけましておめでとうございます。


 各地の仲間の研究会において参加者が熱鍼法を体験できる機会を設ける、という話を聴いておりますので、熱鍼法が多くの方に知られる、研究の対象となるということに喜びを感じております。

 午[うま]歳である今年は、ぜひ疾走飛躍の年としたいものです。

 ご興味のある方はこのBlogのメッセージ送信欄、またはヒーリング・アーツ研究会の開催各地の主催者へお問い合わせいただきたいと思います。

 さて、文章を推敲しては消し、その合間には投稿予定の下書きタイトルがどんどん追加、さらに参照すべき資料も追加されるという 日々で、平田氏十二反応帯のパート3の原稿が書き上がる前にとうとう年が明けてしまいましたが(笑)、続きはもう少々お待ちいただきたいと思います。


 それでは皆様、本年もよろしくお願いいたします。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


 関西の仲間たちによるイベント、<ヒーリング・ヘンプ・トーク&ライブ in 大阪>が今月大阪で開催されます。

 麻は現在の日本では「大麻」という名前で取り締まられ、一般にはネガティブなイメージで固定されてしまっていますが、本来は日本の神事や霊性には欠かせないものとして存在していた身近なものでした。

 その麻のスピリチュアリティや、芸術創造の可能性についてのトークが予定されているようです。

 興味のある方は、こちらのリンクからお問い合わせを。


 日本の敗戦後にアメリカの意向によって麻が取り締まられましたが、所持は禁止されているのに使用自体は違法ではないという不思議なその取り締まりの内容は、アメリカ国内で政界と経済界が手を結んで化学繊維や合成繊維を普及させることを目的に麻製品を禁止したという単なる利害の流れの余波によって成立したといわれています。

 ところが現在では、環境にやさしい天然のエネルギー源として、あるいは医療用大麻の人体への有効性が注目され、規制していたはずのアメリカでは、数多くの州が解禁に踏み切り始めています。
 日本の各地でも麻の解禁や栽培の許可に向けた運動はありますが、基本的に変化を嫌がる日本の役所の方針や、麻に関する情報や認知の不足によって、一般社会のほとんどの方が気付かず知らずにいる、というのが実際のところです。
 アメリカの解禁の流れは医療使用という公益的な理由の他に、そこから多額の税金の徴収や、ビジネスとして大きく見込まれている部分があり、その煽りでTPP参加交渉を行いつつある日本もいずれ解禁を迫られる可能性があると思っています。

 私自身はヒーリング・アーツを指導していただいた高木一行先生が、現在そういった一連の規制に対して人権に関する憲法違反ではないかという裁判に関わられているということが理由であるだけでなく、医療用大麻の有効性や、実はアメリカに限らずイスラエルを始めとしていくつもの国で研究・使用の取り組みがあって日本は世界で完全に立ち遅れているという現状から、早期の解禁に賛成です。
 が、それを他者に押し付けようとは思っていません。

 ただ、多くの方に麻の現状を知ってほしい、そしてその上で選択して欲しい、と考えています。