平田式心療法において、初期に発表された原稿ではヘッド氏帯等の先行研究を参考にした、脊髄神経による皮膚の知覚支配分布(デルマトーム図)を基準にした方向と区分が指示されていた、ということは前回述べました。

PC080708

 が、続いて刊行された資料、例えば昭和5年の末に発行された『心療図解』では、新たに東洋医学の経絡と経穴を刺激することが加えられています。

 過敏な反応が起こる部分に集中して施術するのが心療法(熱鍼法)の原則ですが、平田内蔵吉が施術を重ねていく中で反応がある部分を調査していくと、経絡・経穴と呼ばれるライン(線)やポイント(点)が、特に反応が起こりやすい部分として必然的に浮かび上がってきたようです。
 彼自身は、一時期はこれらは根拠のない古い迷信であるという考えに傾いたが実際の施術の中では逆にそれらの存在を認めざるをえなくなった、という事を後に述べています。

 心療法を興す少し前、内蔵吉は義母の胆石痛に効果を発揮した無痕灸(灸の痕が残らないタイプのお灸)の提唱者・加藤幾太郎の研究所で所員として参加していました。
 加藤氏は科学的な検証の中で灸の温熱効果に効果を認める一方、経絡・経穴は迷信として否定的な立場の人物でした。
 内蔵吉はその科学的態度に共鳴して当初は研究に参加していましたが、施術の中でしだいに経絡・経穴の存在を確認・確信するようになったため、結果的に独自の道を歩むことになったようです
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 私自身は鍼灸の徒ではありませんが、現在の私たちが実際に熱鍼法で刺激を行なう場合にも、体験的に経絡の存在を実感することがあります。
 例えば背部の施術であれば、下図の青矢印の方向に背骨から脇に向かって連続して刺激を行なっていると、強く反応する場所が背中の上下に線を引いたかのように同じ位置(赤い点の場所)にあらわれ、線の位置を確認すると、ちょうど経絡で「膀胱経」と呼ばれるラインと重なっていた、などということがしばしばあるのです。

point

 内蔵吉の著作の中では、経絡を「知覚過敏線」、経穴を「知覚過敏点」と表現している部分もあります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 昭和6年から全6巻の『民間治療法全集』の刊行が始まり、その年の内に怒涛の勢いで『第1巻 整体指圧温熱・水治療法全集』『第2巻 和漢洋自療薬・営養療法全集』『第3巻 経絡・経穴・刺激療法全集』『第4巻 治病強健術・熱鍼療法全集』が出されますが、これは自身の心療法を含めた当時の民間療法・東洋医学の総ざらえ的内容で、改めて経絡・経穴の重要性が説かれています。

 この経絡という人体に対する上下方向の縦の線に、突然、横の線・帯である「平田式十二反応帯」が加わるのは昭和7年、『弁証法教典』の出版による発表からになります。




癒し・ヒーリング ブログランキングへ